<< もう3日 | main | 趣向を変えて >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | by スポンサードリンク
ネタバレを気にしないプレイ記〜感動のフィナーレ〜
 シンプルなテンプレートってなかなかないものですね。

知り合いさんの中学時代のオリキャラを描かせていただきました。
たぶん3時間ぐらい。


そしてながらくとまっていたプレイ記感動のフィナーレです
続きからどうぞ↓

今までいってなかったけど
実は
タカコさんがいちばん好きなキャラなんだ!

キマヨイの笑い声も面白いですよね。
音声と文字があってないっていうw
空気の読めない=天然
っていう解釈でいいかしら?


工場内での赤球
ロッカーに閉じ込めたりとかいすを回したりとかアクション性が高かった4章でございます。
個人的にくるくる回るというという動作は大好物なので!!
2回目プレイのときは殴りかかる選択をしてそこで体力が減るなんて思っても見ませんでした。
ゲーム全体をとおして
幼怪と赤球かわいすぎる。
それで
私がかくと手抜きすぎる。
工場だったり下水道だったり汚いダンジョン多いですね!
でもそういうところでこそ雑魚がほしかったですね。







キマヨイが倒されるときのイラストって桜がまってましたよね。

キマヨイ戦でいちばんの衝撃は
タツオがナスカイザーに変身したことですかねww
イラストが表示されたときにおもいっきり「ええっ!?」っていいましたもん。
ええっ!?

追尾してくる攻撃は厄介でしたね。
あれは硫黄ですか?

とまあ、ラスボスにしては骨がないというか。
ああすんなりとりょうせいにあいされる

じゃなくて

サクラノートで泣けるといったら本編じゃなくて猫編ですね。

もぎけんいちーーーー!!!!!

猫編でのもぎけんいちが
そのなんというか
いいやつすぎて!
本当に彼女にはありがとうしかいえないです。
きっとタツオたちもそうなんでしょうね。
最初から最後までお世話になりました。



そんでその感動をぶち壊すようなカナメの日常

タツオもカナメも昔のことを忘れてしまってることに憤りを感じます!
たしかに12年は長いですが。
家族を救ってくれたもぎけんいちは「飼っていた猫」扱いだし。
頭の中で? !! !?
の繰り返しですよ、もう。

とまあ、意味不明な文でお送りしてきましたサクラノートのプレイ記ですが
今日でお終いです。
貸してくれたオカモト氏に改めて感謝の気持ちを。
そしてもぎけんいちにも。
それではまたこんどはスペースエージェンシーであいましょう!

| comments(0) | trackbacks(0) | by ノム
スポンサーサイト
| - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hako29.jugem.jp/trackback/246
トラックバック